福岡の美容外科
ユニタ整形外科・形成外科クリニック

【所在地】
〒811-1346
福岡市南区老司1丁目27-12
TEL : 092-564-6001
FAX : 092-564-6004

シミ・あざ

シミ・あざ

シミ退治は美白の仕上げ!

美白ケアは抜かりないのに、なかなか改善しないシミ。

これさえなければ、気持ちも見た目も、きっと若返るはず。

ならば、美容医療の力を借りて、確実なシミ取りにチャレンジしてみませんか?

皮膚について>>

シミ治療成功の秘訣

自分に合った治療を知る

シミは症状に合った治療を選ぶことが何より大切です。患者様の中には“レーザーさえ当てればシミは取れる”と思い込んでいらっしゃる方も多いのですが、それは大きな間違い。素人目には分からないほど、シミは数多くの種類が存在し、複数の種類のシミが同時に出来ることも多いのです。そして、それぞれのシミごとに治療法が異なります。自分のシミが何なのか?さえ分からずに治療している方も少なくありません。何をしても改善しないと諦めている方、今度こそ、確かな技術を持つクリニックで安全で確実なシミ治療を行ないましょう。

複合的ケアの合わせ技が高い効果を生み出します

キーワードは“バランスよく治療する”お一人お一人の肌質やシミの症状に合わせて、複合的ケアの合わせ技で治療を行ないます。シミは症状に合った治療を選ぶことが何より大切です。例えばレーザーだけをたくさん完備していても日本人に多い肝斑は治療出来ません。同時に複数のシミが出来やすい日本人の肌質には複数の治療をバランスよく行うことがシミ除去への近道です。

安全に適切に機械を使いこなすことが出来る医師の下で

エネルギーが高いから、照射数(ショット数)が多いから、良い結果が出るというわけではありません。お一人おひとりの肌質や肌の色、シミの症状に合わせて、エネルギーやショット数を調整して治療を行なうことが大切です。

  • ページトップへ

定番にして王道!シミを退治する5つのメソッド

ひと言でシミといってもいろいろな種類があり、原因・治療法も様々です。誤った判断で自己流のケアをしてしまうと、かえってシミを濃くしてしまうこともありますので、治療を行う際には必ず専門医に相談しましょう。

フォトRF

フォトRFは光(IPL)+高周波(RF)というふたつのエネルギーを組み合わせ、シミやそばかすなどのシミを改善し、肌にハリとキメをもたらします。

詳細はこちら>>

どんなシミに効く?

そばかす、日光性色素斑

レーザー治療

二つの波長を持つ医療用Qスイッチレーザーにより、シミ・あざ・刺青まで幅広い治療が可能です。皮膚組織の破壊力が強いため、色素が濃く大きなシミに効果的です。

詳細はこちら>>

どんなシミに効く?

日光性色素斑、茶あざや青あざ、刺青除去などにも有効

ケミカルピーリング・ビタミン導入

ケミカルピーリングとはフルーツ酸(乳酸やグリコール酸)などのマイルドなピーリング剤を肌症状に合わせて塗布し、皮膚表面の角質を薄く取り除く治療法です。ケミカルピーリングと合わせてビタミン超音波・イオン導入を行うことで、より一層くすみのない透明感あふれる肌へと導きます。

詳細はこちら>>

どんなシミに効く?

肝斑、炎症性色素沈着症、日光性色素斑など

トレチノイン

シミやニキビ、小じわにとても効果的のある塗り薬です。お肌の角質をはがす、皮脂の過剰分泌を抑える、お肌の内部でコラーゲンを増やすという3つの効果を持っています。特に肝斑に高い効果を発揮します。

詳細はこちら>>

どんなシミに効く?

肝斑、炎症性色素沈着症、日光性色素斑など

内服薬

医療機関で処方するトラネキサム酸やビタミン剤を内服します。トラネキサム酸は色素産生能力を破壊する作用があり、ビタミンCは抗酸化作用やコラーゲンを産生作用があります。単体での治療よりもシミ治療の施術と合わせて使用します。

どんなシミに効く?

肝斑

  • ページトップへ

正確なシミ診断

診断のカギはUVカメラ

診断のカギはUVカメラ

目に見えない隠れたシミ予備軍も詳細にチェック

肉眼ではまだ見えない肌内部のシミを特殊なUVカメラで撮影します。肉眼だけの診断では隠れたシミを見逃してしまい、治療法の選択を誤ることで治療結果に影響を来たすことがあります。必ず、UVカメラでシミの詳細をチェックして、治療を始めましょう。

  • ページトップへ

シミの種類と治療法

ひと言でシミといってもいろいろな種類があり、原因・治療法も様々です。誤った判断で自己流のケアをしてしまうと、かえってシミを濃くしてしまうこともありますので、治療を行う際には必ず専門医に相談しましょう。

肝斑:左右対称に発症する地図のようなシミ

肝斑

肝斑(かんぱん)とは両頬や頬骨を好発部位とし、左右ほぼ対象性に出る上淡褐色(薄茶色)のシミで、地図のようにべったりとして見えます。日本人女性に多く、30代以降の約7〜8割の方は肝斑があると言われています。ホルモンバランスの乱れや紫外線が主な発症原因とされていますが、未だ完全に原因は特定されていません。

この治療がおすすめ!

ケミカルピーリングビタミン導入トレチノイン・ハイドロキノンの外用、トラネキサム酸(トランサミン)・ビタミンCの内服が有効です。レーザーは色素沈着を増強し、肝斑が濃くなるため禁忌です。

日光性色素斑:露出部に多発する紫外線が原因のシミ

日光性色素斑

いわゆるシミというと、一番ポピュラーなのが、日光性色素斑です。丸形で、色調は薄茶色から濃い茶色まで様々です。大きさは、米粒から親指の先くらいの大きさのものが多く、皮膚との境界がはっきりしています。日光性色素斑の原因はもちろん紫外線!紫外線の影響によって細胞の機能が乱れることで発症します。若年のうちは、紫外線を浴びても皮膚にシミができることは多くありませんが、30代を過ぎると皮膚の老化によってメラニン色素が蓄積して皮膚表面にシミとなって見られるようになってきます。

この治療がおすすめ!

シミの程度に合わせて、レーザー治療か光治療を選択します。単発性(数が少ない)の場合はQスイッチレーザー、多発性の場合はフォトRFが有効です。フォトRFは広範囲に照射が出来、照射後すぐにメイクが可能です。色素を取るだけでなく、肌のキメを改善し、ハリをもたらします。 ケミカルピーリングビタミン導入の併用も有効。

雀卵斑(そばかす):小さな褐色班が顔に多発。遺伝傾向が強いシミ

雀卵斑(そばかす)

そばかすは、漢字で書くと”雀卵斑”と書きます。雀の卵のような色と斑点であることから、このような漢字が使われるようになったようです。そばかすの多くは、優性遺伝だと言われており、幼児期から発症して、思春期には顕著に表れるケースが一般的です。 直径2〜3mmの小さな褐色斑が顔に多発します。

この治療がおすすめ!

フォトRFが有効です。ケミカルピーリングビタミン導入の併用も有効。

脂漏性角化粧:50代以降に多発するわずかに盛り上がったシミ

脂漏性角化粧

加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍で、皮膚の老化現象のひとつです。色は正常な皮膚色から淡褐色、黒色などさまざまで、老人性イボとも言われます。紫外線による皮膚の老化が一番の原因とされていて、顔や手に出来やすいシミです。早ければ30代から、一般的には40代以降で発症します。

この治療がおすすめ!

炭酸ガス(CO2)レーザーで盛り上がった皮膚表面を浅く削り取ります。施設によっては液体窒素治療やドライアイス治療を行うところもありますが、炎症後色素沈着症を誘発しやすいため、当院ではエネルギーを細かく調整できる炭酸ガス(CO2)レーザーを使用します。症状によってレーザーで削った後に トレチノイン療法を併用することがあります。

遅発性太田母斑(後天性メラノサイトーシス):ADM

遅発性太田母斑

遅発性太田母斑は思春期ごろから両頬、額の左右両端を中心に、薄茶色や灰色っぽい斑点上の色素斑が増えてくる疾患です。一見、しみのように見えるのでただのシミやそばかすだと思っていらっしゃる方も多いですが、本当は「あざ」の一種なのです。したがって治療には健康保険も適応されます。

この治療がおすすめ!

Qスイッチレーザーが有効です。Qスイッチレーザー治療においては健康保険が適応されます。当院ではQスイッチレーザー治療の前後療法として、トレチノイン治療を併用することでレーザー治療の効果を高めるとともに、炎症後色素沈着を予防し良好な結果を得ています。

外傷性(炎症性)色素沈着症:ニキビや傷痕、化粧品かぶれ、摩擦などによる炎症痕の褐色のシミ

外傷性色素沈着症

火傷、ニキビ、かぶれ、虫刺され、ケガ・傷などの炎症の跡にメラニンが沈着し、茶色く残ってしまったシミのこと。 摩擦による刺激や化粧品かぶれで炎症を起こした肌が、メラニンを過剰に生成し、色素沈着を引き起こしているケースも多く、紫外線を浴びると余計に濃くなります。

この治療がおすすめ!

Qスイッチレーザーケミカルピーリングビタミン導入トレチノイン療法が有効です。症状によって治療法を選択します。

  • ページトップへ

a

日光性色素斑+肝斑

日光性色素斑+肝斑

日光性色素斑+肝斑

日光性色素斑+肝斑

炎症性性色素沈着症

日光性色素斑+肝斑

日光性色素斑

日光性色素斑+肝斑

日光性色素斑

日光性色素斑+肝斑

日光性色素斑

日光性色素斑+肝斑

日光性色素斑

日光性色素斑+肝斑

日光性色素斑

日光性色素斑+肝斑

そばかす

日光性色素斑+肝斑

日光性色素斑

日光性色素斑+肝斑

日光性色素斑

日光性色素斑+肝斑

肝斑

日光性色素斑+肝斑

肝斑

日光性色素斑+肝斑

ユニタTOP | 整形・形成外科 | 美容外科 | ユニタの概要
施設案内 | 交通アクセス | 院長・スタッフ紹介 | 診療内容 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ