線維芽細胞注入TOP治療の効果 30代・40代
治療の流れと効果/早期受療で高効果<br>30代・40代の肌再生医療

  • 無料メール相談

  • 30代・40代の肌再生医療
  • 50代・60代の肌再生医療
  • Q&A
  • 治療費について
  • クリニックのご案内

早期に受療することで老化予防に高い効果を発揮します

線維芽細胞注入を30代・40代で行うことで、老化の予防治療(アンチエイジング)として高い効果を発揮します。肌の老化スピードが格段に遅くなり、細胞数、活性値、コラーゲンの量が10年後、20年後に大きな差となって表れます。

治療の効果 1 30代・40代

ニキビ(痕)

ニキビ跡というのは、炎症によって真皮部分のコラーゲンが断裂することでクレーターとして表れてしまいます。断裂されたコラーゲン線維部分に線維芽細胞を注入することで、凹の部分を補正、完全にフラットにすることはできませんが、現状の回復には非常に有効です。

目尻のシワ

30歳を過ぎた頃から表れ始める目尻のシワ。年々深くなっていくのを防ぐのは非常に難しいのが実情です。もともと目の周囲の皮膚は薄く、コラーゲンなどの弾性繊維が少ないのですが、加齢によって皮膚が薄くなっていくのに拍車がかかるため、シワがもっとも表れやすくなるのです。ボトックス注射は筋肉の動きを抑制することで改善はみられますが、表情が変わってしまうなどのトラブルも少なくありません。しかし、線維芽細胞はそういった問題を一切引き起こすことなく、皮膚そのものを元の状態に戻すのに非常に効果的です。

額(ひたい)・おでこ

おでこのシワは目元の変化と合わせて次第に表れます。今まではヒアルロン酸でシワの窪みを補てんしたり、ボトックスを注射して筋肉の動きを調節するのが一般的でしたが、線維芽細胞の注入でもシワを改善させることができるのです。副作用としては数日間内出血の可能性はありますが、時間の経過とともに確実にとれるので安心です。

頬(ほほ)

頬のたるみは、顔の印象を大きく変化させます。頬に線維芽細胞を注射することで、線維芽細胞は生着後すぐにコラーゲンやエラスチンを放出し、弾性繊維をより強固なものと変えていきます。肌の色の変化、艶(ツヤ)、張りなど、瑞々しさを実感していただくことができます。

目の下のくま

目の下のくまは皮膚のたるみによって生じるものだけではなく、眼輪筋の血行状態による色ぐまも多いのです。血行によって出来るくまには有効な治療がありませんでしたが、線維芽細胞の注射によって、弾性繊維を強く、厚くし、薄く透ける状態が改善できるため、非常に評価されています。

たるみ

たるみを改善させる方法としては、引き上げるリフトアップが一般的です。しかし、それには外科的な治療が必要となるため、誰でも簡単に受けることができる治療ではありません。また、レーザー治療などでは限界があるのが現状です。線維芽細胞の注射は将来的なたるみを予防することができる唯一の治療です。不老不死の不死は現実的ではありませんが、不老については、培養によって細胞数を増やし、20代の時と同様の活性値に戻すことで、老化を予防することができるようになりました。

目立つ毛穴

毛穴を直接小さくすることではありませんが、皮膚の土台である弾性繊維をより強くすることで、頬などの伸び始めている毛穴を改善させることは可能です。

50代・60代の効果についてはコチラ

ページトップへ