・・・MENU・・・

ニキビ

ニキビとは皮脂の過剰分泌や角質の肥厚などで毛穴がふさがり、皮膚が炎症を起こすことを言います。一般的に青年期(思春期)に出来るものを「にきび」、20代以降に出来るものを「吹き出物」と呼んだりします。 ニキビは皮脂腺が多い顔、頭、背中、胸などに出来やすく、特にホルモンバランスが乱れる思春期に多く出来ます。また、大人ニキビと呼ばれる思春期以降に出来るにきびも増えており、きちんとした知識と適切なケアが必要です。

  • ページトップへ

ニキビが出来る原因

どうしてニキビが出来る?

ニキビができる原因は大きく分けて3つの原因が相互に関係しあう悪循環からなるものなのです。

不規則な生活習慣やメイクは、ニキビの3大原因に悪影響を及ぼします。

角化異常

皮膚の新陳代謝が悪くなることにより、ターンオーバーのサイクルが狂ってしまい、毛穴に角質がたまってしまう事を角化異常と言います。角化異常がおこると毛穴が詰まり、皮脂を正常に排出することができなくなります。出口を失った皮脂は毛穴にたまってしまい、ニキビの原因となります。

細菌

皮脂腺にはアクネ菌と呼ばれる菌が住みついています。アクネ菌は皮脂を好み、酸素を嫌います。そのため、皮脂がたまって毛穴の中が酸欠状態になると、アクネ菌が増殖し、活発になります。アクネ菌によって酸化した皮脂はニキビの原因となります。

ホルモン異常

男性ホルモンは皮脂の分泌を高める特性があるため、男性ホルモンの分泌が多いと角質がたまりやすくなります。ニキビができやすい人は上手にホルモンのバランスを取りきれないことが多く、生理前にニキビが酷くなる理由は2種類ある女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)がアンバランスな状態になるためです。

活性酸素

活性酸素(かっせいさんそ)とは、その名の通り酸素が活性化した不安定で強い酸化力を持つ物質で、細胞を酸化させて老化を加速させる作用があります。その活性酸素が皮脂を酸化させたり、炎症を引き起こしたりしてにきびを誘発する原因になります。

活性酸素はストレス、喫煙、紫外線で増加する

活性酸素は、人間が酸素を吸って呼吸する限り必ず発生していますが、ストレスを受けたり、喫煙をすることですると大量に発生します。また、紫外線を浴びることでも活性酸素は大量に発生しますが、浴びた紫外線によってダメージを抑えようとメラニン色素が作られ、シミやニキビ痕の色素沈着をひどくしてしまう原因にもなります。

  • ページトップへ

ニキビの種類とニキビの進行

ニキビは症状の段階・程度によって変化し、進行していきます。

ニキビの症状がどのように進行するか、そしてどのような名称で呼ばれているかご紹介します。

毛穴の角質が厚くなり、コメド・角栓が形成される
毛穴の角質が厚くなり、コメド・角栓が形成される

皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴の角質が厚くなってしまい、毛穴の出口をふさいでしまいます。

コメドというのは、角栓は皮脂腺から分泌される皮脂が過剰に排出されることにより毛穴内部や出入り口付近を詰まらせてしまい、皮脂や細菌を毛穴に溜め込んでしまう毛穴の栓のことです。

過剰分泌された皮脂と古い角質が混ざり合って作られます。角栓が出来ると毛穴が詰まってしまいます。

面胞が形成される
面胞が形成される

角栓が出来たことにより、毛穴のつまりで出口を失った皮脂は、毛穴の中にたまって、面皰と呼ばれる状態になります。面胞とはニキビの初期症状のことで、毛穴が角栓でふさがり、そこに皮脂がたまって固まりになった状態を言います。

面胞にはたまった皮脂が白くポツンと盛り上がって見える白ニキビと、皮脂が毛穴を押し広げ、酸化して黒く見える黒ニキビの2種類があります。

炎症が起きる
炎症が起きる

常在菌(肌のバランスをコントロールし、正常に保つために必要とされる菌)と呼ばれる細菌のひとつにアクネ菌があります。アクネ菌は皮脂を好み、酸素を嫌います。皮脂を栄養源にしながら増殖していくアクネ菌は細菌の餌となりやすい過酸化脂質や遊離脂肪酸を作り出し、この物質が刺激となって炎症が起きます。これが赤ニキビです。

炎症が悪化し、化膿する
炎症が悪化し、化膿する

ニキビの炎症が進行して毛穴周辺の皮膚組織が破壊され、 化膿して膿んでいる状態を黄ニキビといいます。

黄ニキビが重度になると、炎症のダメージが真皮まで及んでしまい、炎症が落ち着いた後も、色素沈着や凸凹などのニキビ痕が残りやすくなります。

  • ページトップへ

大人ニキビについて

20歳以上でできるニキビを思春期と区別して「大人ニキビ」といいます。

原因はとても複雑で、ストレスや不規則な生活、体調の変化などたくさんの要因が考えられます。

名 称 大人ニキビ
典 型 大人ニキビについて
年 齢 20歳以降が中心
部 位 頬・口のまわり・顎・胸元・背中
季 節 一年中
大人ニキビの主な原因
乾 燥 乾燥は肌のバリア機能を低下させ、ニキビ菌が繁殖しやすい状態を作ります。また、角質が厚くなって毛穴がつまりやすくなります。
ストレスや生理など
ホルモンバランスの乱れ
ストレスや生理によって一時的にホルモンバランスが乱れると、 皮脂が過剰に分泌されやすくなります。
角質の肥厚 紫外線にあたりすぎたり食生活が乱れると皮膚の新陳代謝が低下して角質が厚くなります。よって、毛穴がつまりやすくなります。
メイク汚れ 不十分な洗顔では、お肌に残ったメイク汚れが毛穴にひっかかり、 毛穴がつまりやすくなります。
  • ページトップへ

ニキビのための適切なスキンケア

クレンジング

オイルクレンジングをお使いになる方が多いようですが、よく洗顔したつもりでも、油分でできているオイルクレンジングは毛穴に残ってしまいます。そのため、オイルフリーのクレンジングをお勧めします。

洗 顔

ニキビができやすい方は顔の油分を取るために、必要以上に力を入れてゴシゴシ洗顔をする方が多いようです。 しかし、力まかせの洗顔は大切な油分まで取り去り、肌のバリア機能が低下するほか、肌を傷つけ、ニキビの炎症や色素沈着、陥没を引き起こしてしまいます。ぬるま湯を使い、しっかりと泡立て、泡でやさしく洗顔しましょう。

保 湿

油分が多く含まれているクリームや乳液ではなく、油分が少ないジェルなどをお勧めします。スポット的にお顔が乾燥する場合は部分的にクリームなどで保湿をして下さい。

UVカット

紫外線は皮脂を酸化させ、ニキビを悪化させてしまいます。 またニキビ後の色素沈着の原因にもなりますので外出される際には必ずUVケアを行って下さい。

メイク

閉塞性の高いリキッドファンデーションや厚いメイクは控えましょう。

女性に多い治療の効果を妨げるサイクル
  • ページトップへ

当院が提案するニキビの治療法

ケミカルピーリング・ビタミン導入

ケミカルピーリングは、『ケミカル=化学物質』を使って『ピーリング=皮をむく事』という意味の言葉です。 角質溶解剤として酸性の化学物質をお肌に塗布し、毛穴周辺に異常形成した角質層を溶解させることによって、ニキビ原因のひとつである毛穴つまりを解消するニキビ治療です。

ニキビの改善はもちろんですが、ニキビが出来にくい肌質を作る上でもケミカルピーリングは重要であり、また、ニキビ痕の色素沈着や活性酸素を退治するために、当院ではビタミン導入を併用し、ニキビからニキビ痕まで総合的に治療を行っております。詳しくはコチラ

面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)

一般的には面皰圧子(面皰圧出器)と呼ばれる器具を使ってニキビの先端に穴を開け、毛穴に硬くつまった皮脂を押し出すことによって、ニキビ原因のひとつである毛穴つまりの解消を目指す治療法を面皰圧出と言います。当院ではレーザー機器を使用して面皰圧出を行います。これにより、レーザーの熱エネルギーによって細菌を消滅させ、面皰圧子よりも小さな穴で皮膚への負担を最小限に抑えることが出来ます。

トレチノイン療法

詳しくはコチラ

  • ページトップへ

施術例

ニキビ・ニキビ痕の色素沈着

ニキビ・ニキビ痕の色素沈着

ニキビ

ニキビ

ニキビ

ニキビ

ニキビ

ニキビ

このエントリーをはてなブックマークに追加  
   
 
 
 
 
 
 
ユニタTOP | 整形・形成外科 | 美容外科 | ユニタの概要
施設案内 | 交通アクセス | 院長・スタッフ紹介 | 診療内容 | 募集要項 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ