・・・MENU・・・

ユニタTOP美容外科 >コラーゲン注入

コラーゲン注入

刻み込まれたしわに救世主!高品質で安全なコラーゲン注入

コラーゲンとは

コラーゲンはたんぱく質の1種で、老化に深く関係しています
体内のたんぱく質

パックやマッサージ、サプリメントや美容液等を通して、すっかりお馴染みになった美肌成分、コラーゲン。私たち人間の体内には約10万種ものたんぱく質(アミノ酸が結合して出来たもの)が存在し、コラーゲンはその中の30%を占める重要なたんぱく質です。コラーゲンはあらゆる全身の組織に存在しますが、特に皮膚、骨や軟骨、血管や内臓に多く含まれています。赤ちゃんや若い方の肌がみずみずしく輝いているのはコラーゲンやヒアルロン酸がたっぷりと含まれているからです。

コラーゲンの働き

細胞と細胞をくっつけるのりのような役割をして、身体を構成

身体に必要な酸素や栄養を供給

老廃物を排出

肌の弾力を保つ

肌のキメ・ツヤを保つ

加齢とともに減少してしまうコラーゲン

加齢とともにその生成力は衰えて、
コラーゲンは減少の一途をたどります。

加齢とともに減少してしまうコラーゲン
コラーゲンの真実
コラーゲンを食べても、お肌のコラーゲン生成には役立ちません

多くの女性はお肌のコラーゲンを増やしてぷるぷるお肌にするために、コラーゲンサプリメントを飲んだり、フカひれ、豚足、スッポンなど、コラーゲンが豊富な食材を必死になって摂取する傾向にあります。しかし、コラーゲンはそのまま小腸で吸収される訳ではなく、ペプチドやアミノ酸に分解されてから吸収されます。そのため、口から食べたコラーゲンがダイレクトに肌に行ってコラーゲンになるということは決してありません。コラーゲンを増やしたいからコラーゲンが多く含まれる食材やサプリメントを摂取するということは、「髪の毛を増やしたいから髪の毛を食べる」 「丈夫な骨を作りたいから骨を食べる」ということと同じことなのです。コラーゲンを作り出すには、ヒアルロン酸やコラーゲンを作る源の細胞「線維芽細胞」を増やすことが大切なのです。

コラーゲン注入とは

コラーゲンとは皮膚、筋肉、靭帯を構成するタンパク質の1種のことです。皮膚のコラーゲンは加齢とともに減少し、しわやたるみの原因となります。赤ちゃんや若い世代の肌がぷるぷるとみずみずしく輝いているのは、このコラーゲンがたっぷりと恵まれているからです。このコラーゲンをしわやたるみに注射して、しわ・たるみを埋め立てて、目立たなくさせるのがコラーゲン注入療法です。ヒアルロン酸に比べて目元の細かいしわなど皮膚が薄い部位に注入するのに適しています。

  • ページトップへ


コラーゲンの種類と特徴

アテロコラーゲン

仔ウシの真皮から抽出されたコラーゲンを精製したものです。注入する前にアレルギーテストが必要です。BSE(狂牛病)に関する安全性は平成16年7月に厚生労働省が原則的に安全であるとの見解を出しています。ヒアルロン酸よりも粒子が小さいため、下眼瞼のちりめんじわに適しています。

  • ページトップへ


コラーゲン注入へのこだわり

1. 安全性に優れた高品質なコラーゲンを使用
2. 1本単位で使用

1本単位で使用するので、使いまわしは一切行いません。安全です。

3. 1本単位の費用を掲載

0.1cc単位の費用掲載は一見安く見えますが、総量では高くなることがあります。

4. 症状にあわせた薬剤の選択および形成外科医による注入

コラーゲンの種類は粒子の大きさによって様々です。症状に合わせた薬剤の選択とどの深さに注入するかが仕上がりに大きく関係します。以前、注入したけれど注入後1〜2ヵ月で元に戻ったり、注入後の腫れや内出血が顕著だったという方は薬剤の選択法や注入法が好ましくないことが考えられます。

  • ページトップへ


コラーゲン注入を成功させる秘訣

コラーゲン注入を成功させる秘訣は“注入技術”はもちろん、“デザインのセンス”“薬剤の選択”によって、結果に大きな違いが生まれます。丁寧な注入技術、目的にあったデザイン、そして、しわの症状にあった薬剤を選択し、適正な皮膚の層に注入することがきれいな仕上がりになる大きなポイントです。

注意

コラーゲン注入をしたが、1〜2ヵ月しか効果がなかった

週1回のペースでコラーゲン注入を行った

注入後、顕著な内出血と腫れが生じ、医師から「通常の経過です」と言われた

純粋なコラーゲンを使用し、正確な注入を行っていれば、上記のようなことは起こりません。

注入技術の問題や適正な薬剤選択および注入層に問題があると考えます。

  • ページトップへ


治療の流れ

カウンセリング

医師によるカウンセリングです。また注入への不安などを詳しくお伺いします。施術後の経過などを説明し、ご納得いただいた上で行います。

流れ

麻酔クリーム塗布

注入部位に麻酔クリームを塗布し、注入時の痛みを緩和します。

流れ

マーキング・デザイン

きれいな仕上がりにするための大事なマーキング・デザインです。しっかりと目的にあったデザインを行います。

流れ

注入

マーキングに合わせて極細の針でヒアルロン酸を注入します。

  • ページトップへ
このエントリーをはてなブックマークに追加  
   
 
 
 
 
 
 
ユニタTOP | 整形・形成外科 | 美容外科 | ユニタの概要
施設案内 | 交通アクセス | 院長・スタッフ紹介 | 診療内容 | 募集要項 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ