・・・MENU・・・

ユニタTOP美容外科 >フォトRF

フォトRF

光と高周波エネルギーを肌に浸透させてシミや肌のキメ・ツヤを改善
2つのエネルギーの相乗効果で美肌へと導きます

フォトRF(オーロラ)は光(IPL)+高周波エネルギー(RF)という二つのエネルギーを組み合わせ、シミそばかすなどの肌トラブルを改善する治療器です。光治療に代表されるフォトフェイシャル(IPL)に高周波(RF)が加わることで、シミ、そばかすはもちろんのこと、肌にハリを出し、透明感のある肌へと導きます。
従来のレーザー治療は、一つ一つの悩みに対してその部位に強いエネルギーを加えますが、フォトRFは、肌全体・複数の症状に対してマイルドな光を全体的に照射します。
これにより、シミの改善のみならず、肌全体の透明感と肌質をアップさせるプラスαの効果も実現。
この技術により、カサブタも作らずに照射後もメイクをして帰れる治療へと進化したのです。

マイルドな光を照射することでシミ・そばかすなどの肌トラブルを改善し、肌全体をワンランクアップさせる、医療機関でしか受けることのできない最先端スキンケアです。

真皮層までエネルギーが届くRF(高周波)

光やレーザーは、表皮にあるシミなどの色素に熱を与えて作用します。これに対しRFは、皮膚の電気抵抗を利用して真皮に熱を発生させ、コラーゲンやエラスチンを増やしお肌を若返らせます。RFは温度の高い部分に作用する特性があるため、光やレーザーを先に照射してからRFを照射することで相乗効果が増します。
フォトRFに使われるRFは、真皮のやや浅い層に作用し、治療中の痛みが少なく即効性があるのが特徴です。

フォトRFの安全性

一般的に私たち日本人をはじめとする東洋人の表皮にはメラニン色素が多く存在するため、光エネルギーであるレーザーやパルスライトで治療を行う際、効果を上げようとして照射出力を上げていくと、強い痛みを伴い、表皮にダメージ(ヤケド)を与えてしまうこともあります。フォトRFは光エネルギー(Pulse Light;パルスライト)を最小限に抑え、それを補うものとして高周波(RF)エネルギーを使用します。 RFエネルギーは光と異なる選択性を持ち、メラニンや血管の分布に左右されずに働きます。
従って表皮のメラニン量に影響されずに、効率的に真皮層へ熱エネルギーを与えることが出来ます。
これにより従来の光エネルギーによる痛みやヤケドのリスクが抑えられ、肌や毛の色に影響されない治療が可能になりました。施術時の火傷を防止する温度管理・独自冷却システムを持ち、フォトRFはアメリカの厚生労働省ともいえる、FDA(食品医薬品管理局)から2002年に承認されています。

フォトRFでハリのあるお肌を取り戻す

フォトRFは、シミや赤ら顔に高い効果を発揮すると同時に、しわや毛穴などを改善しお肌の若返りにはたらきかけます。
これにより、ハリのある肌を取り戻すことが出来ます。

スキンケアと脱毛のW効果

フォトRFではスキンケアに加えて、これまでのレーザー治療では対応の難しかったうぶ毛(軟毛)の脱毛も可能です。光エネルギーは毛の黒い色素(メラニン)によって吸収され、熱が周辺組織に伝わりますが、RF電流はメラニンによって吸収されず、毛の周囲に伝わる特性があります。光エネルギーとRFの相乗的なはたらきで脱毛効果が高まります。

  • ページトップへ

フォトRFの魅力

  • 様々な肌トラブル(シミ/しわ/そばかす/にきび(痕)/赤ら顔…など)に働きかけるため、
    同時に複数の治療・改善が期待できる。
  • レーザー治療などに比べ、ダウンタイムが少ない。
  • 光エネルギー(IPL)とRF(高周波エネルギー)の相乗効果により、
    真皮層にあるコラーゲンを生成する線維芽細胞を活性化させ、ハリのある肌を作り出す。
  • 従来の光エネルギーに比べ肌にかける負担が少なく、火傷等のリスクが軽減される。
  • 周波数を変えることで、シミ治療などスキンケアのほか、脱毛などにも一定の効果が期待できる。
  • ページトップへ

フォトRFの仕組み

フォトRFの構造は、中心にフォトフェイシャルを設置し、その両端に高周波電気の電極を置いた形になっています。光によりメラニンは破壊されます。さらに真皮では血管が暖められることにより温度が上昇します。RFは暖かいところに流れやすい性質があるため、ここにRFを流すと、表皮はクーリングデバイスとジェルによって冷却されているため、その電流密度は低くなり、暖められた真皮はより密度が高くなります。このしくみによりフォトフェイシャルを超えた真皮への温熱効果が得られ、結果として、痛みも少なく、お肌の表面にもダメージを与えずに、メラニンの排出によってシミやそばかすを改善するとともに、 線維芽細胞を刺激し、真皮のコラーゲン新生を促せるのです。


  • ページトップへ

フォトRFの効果

シミ・そばかすを改善、透明感をもたらす

年齢とともに新陳代謝が衰え、色素が沈着してできるシミ・そばかす。
フォトフェイシャルの光で色素が沈着している部分が浮き上がり、
数日後には皮膚の代謝でシミ・そばかすが剥がれ落ちます。
また、肉眼では認識していないような薄いシミも取れるため、
肌に透明感が復活します。

お肌の張り・ツヤの改善、小じわやたるみの改善

高周波エネルギー(RF)の効果により、ちりめんじわやお肌のハリ・ツヤに
フォトフェイシャルは効果をもたらします。
コラーゲン増生作用により、肌の内側からふっくらとハリが蘇り、ツヤが出ます。

毛穴の縮小、肌のキメを整える

年齢とともに徐々に目立ってくる毛穴の開き。
高周波エネルギーで 毛穴周辺のコラーゲンが引き締まることにより、
毛穴を改善し、キメを整えます。

  • ページトップへ

あなたの肌のシミや肌質に合わせ、光の強さなどを決定します。

流れ

肌に刺激のないやさしい洗顔剤でメイクをしっかり落とします。

流れ

そしてジェルを照射部位に塗布します。
ジェルの目的は
1.冷却
2.フォトRFの治療光線と高周波が皮膚に均一に到達
3.皮膚にダメージを与えない

流れ

カメラのフラッシュのように、やさしい光を照射します。
輪ゴムではじかれる程度の痛みがあります。

流れ

終了後はジェルを落とし、肌をしっかりアイシングします。
最後に高濃度ビタミンジェルを塗布し、UVケアで仕上げます。

〈施術について〉

処置時間 10分〜15分
痛み ゴムではじかれたような刺激があります
メイク 当日可能
洗顔 当日可能
シャワー 当日可能
入浴 当日可能
  • ページトップへ















このエントリーをはてなブックマークに追加  
   
 
 
 
 
 
 
ユニタTOP | 整形・形成外科 | 美容外科 | ユニタの概要
施設案内 | 交通アクセス | 院長・スタッフ紹介 | 診療内容 | 募集要項 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ