・・・MENU・・・

ユニタTOP美容外科 > 二重まぶた

二重まぶた

二重の手術は美容外科においてはもっともポピュラーな手術です。

美容外科クリニックの中でこの手術を行っていないクリニックは存在しないくらいです。

手術手技自体は決して難しくない(特に埋没法)のですが、その適応・術式を間違えると、

生涯に数回の手術を受けることにもなりかねません。

従って、きちんとした診察の上、適応を見極める眼力が必要です。

これにはかなりの経験を要しますので、信頼できるドクター選びが重要です。

  • ページトップへ

二重の形

二重の形

二重まぶたの形状を大きく分類すると、平行型と末広型の2つに分けることができます。

一般的に、日本人はモウコ襞があるために、一重で末広型の二重が多く、目を大きくパッチリとした印象を与えるために、平行型への変更を希望される方が多いのが実情です。しかし、目元に関してはその方に適している場合とそうでない場合がありますので、しっかりとした診察が重要となるのです。

  • ページトップへ

二重まぶたとは

一重まぶたと二重まぶたの違いですが、通常、二重の人の場合眼瞼挙筋が上部で分岐しており、この分岐のうち、ひとつが瞼板につながっており、もうひとつは眼輪筋を通って皮膚につながっているのです。そのため、目を開けると全体的に持ち上げられて、二重が形成されるのです。しかし、一重まぶたの場合は、皮膚につながっておらず、瞼板部分だけが持ち上げられるために皮膚が垂れてしまうのです。

二重まぶたとは

二重まぶたについて

二重まぶたの代表的な手術法に「埋没法」があり、いわゆる「切らずに出来る整形」として流行しています。この方法は手技的にも簡単で、形成外科専門医がいないクリニックでも行われることがありますが、手軽にできる一方、一重の原因やまぶたの形状を無視して安易に全ての一重の方にこの方法を選択した場合、希望の二重にならなかったり、例えなったとしても長持ちしないことも少なくありません。

二重まぶたの手術には埋没法の他、切開法、眼瞼下垂症手術、眉毛下皮膚切除術(上眼瞼リフト)、眼瞼陥没形成術などがあり、大事なことは、その人にあった手術法を正しく選択することです。

手術の手技にはオリジナルというものは存在しません。二重を作る原理はどこでも変わらないのです。

従って、その方のまぶたの形状を分析し、希望に適した術式を提案することが、二重まぶたの手術を成功に導く鍵となり、このためには医師の高いレベルとセンスが必要とされます。当院ではまぶたに精通した形成外科専門医がこれを実践します。

  • ページトップへ

一重まぶた・二重まぶた・眼瞼下垂症の違い

一重まぶた
一重まぶた

まぶたを上げる筋肉を眼瞼挙筋といいます。この挙筋が収縮するとまぶたの ふちを作っている瞼板を持ち上げて目が見開くのです。

一重の場合、瞼板が引き上げられてもまぶたの皮膚までは十分に持ち上げてもらえず、まつげの上に垂れ下がってきます。これによって目の見開きが不十分になり、かつ、まつげを押し下げてしまうのです。

二重まぶた
二重まぶた

まぶたの縁をつくる軟骨(=瞼板)と、その直上の皮膚との間に癒着がある場合、挙筋が瞼板を引き上げる際にこれと一緒に直上の皮膚がたくし上げられて、そこにしわが寄ります。このしわが二重まぶたを作るのです。まぶたの縁がたくし上げられる分、目の見開きは大きくなり、しかもまぶたの皮膚がまぶたにかさばらないため目を開けた時にまつげがアップされます。こうして 『目の見開きが大きくなる』 『まつげがアップする』 『二重のラインが目をふちどる』 この3つの効果が生じ、二重まぶたの目に明るくくっきりとした印象を与えるのです。



二重まぶたの手術 (埋没法) (切開法) について>>

眼瞼下垂症
眼瞼下垂症

眼瞼挙筋が瞼板の付着部から引き裂かれた結果、瞼板を持ち上げる力が弱くなり「以前より目が小さくなった」「まぶたが重い」と感じるようになります。これが(後天性)眼瞼下垂症とよばれる症状です。これは長期間のコンタクトレンズの装着や老化現象によりきたします。生まれつき挙筋機能が不良な場合があり、これは(先天性)眼瞼下垂症と称されます。



眼瞼下垂症について>>

二重まぶたと目の大きさについて

患者様の多くは“二重にしたい=目を大きくしたい”という希望を持っています。しかし、二重にしたからといって必ずしも目が大きくなるとはいえないのです。二重の手術を行うということは、すなわち目を大きくするのではなく、目元に変化を与えて全体的に大きくなったように見せることです。目が大きくなったように見せたい場合は眼瞼下垂症とよばれる手術を行います。この手術は目の開き具合を調節し、黒目を含めて大きく変化させる画期的な治療法です。

  • ページトップへ

施術例

施術例
このエントリーをはてなブックマークに追加  
   
 
 
 
 
 
 
ユニタTOP | 整形・形成外科 | 美容外科 | ユニタの概要
施設案内 | 交通アクセス | 院長・スタッフ紹介 | 診療内容 | 募集要項 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ