ユニタTOP美容外科>医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛

レーザーを超えたRF脱毛 〜新しいエネルギーソース〜

Comet(コメット)とは?

コメットは脱毛レーザーのスタンダード「ダイオードレーザー」と、軟毛・白髪まで治療が可能な「RF(高周波エネルギー)」の融合により生まれた最新の医療レーザー脱毛です。

コメットは脱毛レーザーのスタンダード「ダイオードレーザー」と、軟毛・白髪まで治療が可能な「RF(高周波エネルギー)」の融合により生まれた最新の医療レーザー脱毛です。
日本の医療機関で行われている脱毛法は針、レーザー、光、RFなど多岐に渡りますが、安全性や臨床効果が高い、治療時間が短い、日本での実績がある等の理由から、現在はダイオードレーザーによるレーザー脱毛が主流として広く普及しています。
コメットはそのダイオードレーザーにRFを組み合わせ、軟毛やうぶ毛、男性のヒゲなど、これまで治療が困難であった毛に対しても有効な治療結果が得られます。これからの脱毛は「ダイオードレーザー+RF」がスタンダードです。

  • ページトップへ
脱毛5つのポイント

ダイオード+高周波のダブルの効果で安全性の高い治療を効率よく行います。

コメット1台で硬くて太い毛から軟毛やうぶ毛、白髪などの脱毛が可能です。

高周波エネルギーにより、毛穴を引き締める効果や肌にハリを生み出す効果があるので、キレイな脱毛が可能です。

大きい照射スポットと連続照射モードで、照射ムラのない治療が可能です。

従来行われていた針脱毛は強い痛みを伴い、肌にダメージを与えていましたが、コメットは痛みもさほど強くないため、全身の処理が可能です。

  • ページトップへ
脱毛の分類と特徴

画像をクリックすると別ウインドウで一覧が表示されます。

脱毛の分類と特徴

  • ページトップへ
脱毛の分類と特徴

画像をクリックすると別ウインドウで一覧が表示されます。

脱毛の分類と特徴

  • ページトップへ
脱毛の分類と特徴

美容外科での脱毛は「コワイ」「高い」といったイメージを持っていらっしゃる方が多い印象を受けます。

しかし、それは大きな間違いです。

医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛の違い

エステティックサロンで行われている脱毛は照射エネルギーが弱く、機械の性能も違います。安易に思われがちなレーザー脱毛ですが、適切な診断と安全な処置が施されなければ、やけどや色素沈着などのトラブルを引き起こす可能性があります。

エステサロンで医療行為は行えません。レーザー脱毛は医療行為です。

エステサロンでの脱毛は医療機関で行う「医療レーザー脱毛」と違い、効果が乏しいだけでなく、医師がいない状況でエステティシャンによる施術でやけどや皮膚のトラブルが急増しています。よって厚生省はレーザー脱毛は医療機関でしか行えない「医療行為」と定めました。

  • ページトップへ
施術例

腋脱毛のビフォアー・アフター

  • ページトップへ
脱毛のQ&A
Q1
どのような症状に有効なのですか?
A1
瞬間的に輪ゴムではじかれたような痛みがあります。部位によっても痛みが異なります。痛みに弱い方には麻酔のクリームを使用します。
Q2
全身のレーザー脱毛は可能ですか?
A2
はい。可能です。ワキ、手足、背中、ビキニラインからお顔まで全身の脱毛が可能です。
Q3
肌が弱くてアレルギー体質ですが、大丈夫ですが?
A3
安全性が認められた医療用レーザーを使用しますので、皮膚表面や周辺組織に影響を及ぼしません。ただし、皮膚に炎症反応がある場合はその症状が落ち着いてからの脱毛をおすすめします。
Q4
事前に気を付ける事はありますか?
A4
・ 1〜2日前の剃毛をおすすめします。
・ 毛根がないと脱毛が出来ませんので、毛抜きなどで処理をした場合は約1ヵ月後からの施術となります。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
   
 
 
 
 
 
 
ユニタTOP | 整形・形成外科 | 美容外科 | ユニタの概要
施設案内 | 交通アクセス | 院長・スタッフ紹介 | 診療内容 | 募集要項 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ